読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタートアップと映画

スタートアップした人たちはどんな映画に影響を受けて来たのか、誰もが気になる事実を大暴露です

BEやすさん① LEON

お久しぶりですドイーゴです!

 

間が空いてしまいましたが今回はBE代表のやすさんです。僕は河端さんとお呼びしているのですが日本では普通やすさんとお呼びするそうなので当ブログでもそうさせていただきます!

 

はじめの記事に書きました通りやすさんは僕のインターン先の代表であり、なおかつ僕を直接引き取ってくださった方です。アリガタシ!!

 

それゆえ何としても二人目に書いておきたく、インタビューの都合上更新が遅れてしまった次第です。

twitter.com

 

♦そんなやすさんの1本目

 

LEON(1994 コロンビア映画)

f:id:kotaro38max83:20160707053549j:plain

出典:http://en.bloguru.com/teragoya-ginan/63724/de

 

▷あらすじ

ひとりぼっちの寡黙な殺し屋レオン。彼のアパートの隣の部屋に住むマチルダはまだ12歳の少女だったが、家族が皆殺しにあったことをきっかけにレオンと行動を共にするようになる。

 

初めはマチルダの扱いに困るレオンだったが、彼女に殺しの訓練を施すなどして暮らすうち、互いに不思議な信頼感で結ばれるように。

 

やがて家族の仇を突き止めたマチルダが敵の本拠地に単身乗り込むと、それを知ったレオンも捨て身で彼女を救いに向かう。

▷カンタン解説

言わずと知れた名作。ジャン・レノナタリー・ポートマンの人気に火がつくきっかけともなった。”少女と殺し屋”といったオシャレな設定など、もうなんかいろいろあって名作。

 

 殺しの術しか知らないどこか不器用なレオンと幼いながらも頭の回るマチルダの奇妙なコンビの暮らしが映し出す、純粋で切ない人間愛がイイ。

 

ちなみにレンタルDVDなどには"完全版"と書いてあるがこれは劇場公開版ではカットされた過激めのシーンも収録している、ということ。

 

♦インタビュー

さて、やすさんにこの映画への想いについて伺ったところ、答えはいたってシンプルでした。

「ふつうにすき。」

 

”え、スタートアップ関係ないじゃん”

そう思ったあなた、僕をぶん殴るまえにちょっと話を聞いてください。

だって普通映画を観る理由ってこれですよね。

3本の映画の全部が全部、人生に影響を与えてるなんてそんな(ブログ的に)うまい話はないってワケですよ。

「ふつうにすき。」

イイ響きです。

 

やすさんは”ふつうにすき”というか”すきすぎ”てジャンレノの他の出演作品もすべて網羅したとのこと。子供ながら溢れ出していたナタリーポートマンの女性的魅力も絶賛しておられました。

さらには作中に登場するニョッキという料理まで映画を真似て作っちゃったそうで…。

 

でも料理のような映画の細部は映画の世界観の具体化したものともいえますから、ここにまで熱意を持てるということはそれだけ世界観に惚れているということなのではないでしょうか。

またこれは僕個人の意見ですが、映画の本質はこういうところにあるように思えてならないのです。

まあこの話は、またいずれ!

♦まとめ

今回は1本目ということもあってスタートアップとの関連は薄めのチョイスとなりましたが、皆さんもこういった”ふつうにすき”な映画があるのではないでしょうか!

そういった映画を大切にしてゆきたいものですね。

 

さて次回はやすさん2本目です。

ささっと連投してゆくつもりなのでどうぞ宜しく!

 

ではまた!